マイカート

閉じる
世界をちょっと良くするお買い物。

こころ"トキメク"エコバッグ
こころ"トキメク"エコバッグ
こころ"トキメク"エコバッグ
こころ"トキメク"
エコバッグ

エコバッグ -Kawan 2019-

エコバッグ -Kawan 2019-

¥980
カラー

商品説明

南国フィリピン産まれのエコバッグは、落ち着いたカラーから、自己主張の強いカラーまで色々。いらなくなった服をリサイクルして作った編み込みの素材がアクセントになって、とても可愛いデザインになりました。
同じテイストのサンダルやポーチと揃えるのも楽しいこころ"トキメク"エコバッグです。

                        
  
  
こころ"トキメク"エコバッグ
こころ"トキメク"エコバッグ
こころ"トキメク"エコバッグ
こころ"トキメク"
エコバッグ
南国フィリピン産まれのエコバッグは、落ち着いた
カラーから、自己主張の強いカラーまで色々。
手織りの素材がアクセントになって、とても可愛い
デザインになりました。
同じテイストのサンダルやポーチと揃えるのも楽しい
こころ"トキメク"エコバッグは好きですか?
南国フィリピン産まれのエコバッグは、落ち着いた
カラーから、自己主張の強いカラーまで色々。
手織りの素材がアクセントになって、とても可愛い
デザインになりました。
同じテイストのサンダルやポーチと揃えるのも楽しい
こころ"トキメク"エコバッグは好きですか?
南国フィリピン産まれのエコバッグは、落ち着いた
カラーから、自己主張の強いカラーまで色々。
手織りの素材がアクセントになって、とても可愛い
デザインになりました。
同じテイストのサンダルやポーチと揃えるのも楽しい
こころ"トキメク"エコバッグは好きですか?
南国フィリピン産まれのエコバッグは
落ち着いたカラーから、自己主張の
強いカラーまで色々。
手織りの素材がアクセントになって
とても可愛いデザインになりました。
同じテイストのサンダルやポーチと
揃えるのも楽しい
こころトキメクエコバッグは好きですか?
このエコバッグのポイント
このエコバッグのポイント
このエコバッグのポイント
このエコバッグのポイント
①カラー色々
①カラー色々
①カラー色々
①カラー色々
落ち着いたカラーから、自己主張の強いカラーまで。あなたは何色が好きですか?
②手織りの素材
②手織りの素材
②手織りの素材
②手織りの素材
手織りの素材を使用。大き目の編み込みがカワイイと評判らしいです。
③コレクションしたくなる
③コレクションしたくなる
③コレクションしたくなる
③コレクションしたくなる
様々なカラー、同じテイストのシューズやポーチ。ついついコレクションしたくなってしまいます。
手織りの部分が可愛くて好きなんだけど、
このデザインはいったいどうやって生まれたの?
手織りの部分が可愛くて好きなんだけど、
このデザインはいったいどうやって生まれたの?
手織りの部分が可愛くて好きなんだけど、
このデザインはいったいどうやって生まれたの?
手織りの部分が可愛くて好き
なんだけど、このデザインは
いったいどうやって生まれたの?
編み込みはいらなくなった服から作られる
編み込みはいらなくなった服から作られる
編み込みはいらなくなった服から作られる
編み込みはいらなくなった

服から作られる
スリッポンの編み込み部分にはコットンが使われているのですが、その原材料となるコットンの一部には不要になった服をリサイクルしたものが使われています。フィリピンのパヤタスという町の中のコミュニティで暮らす人たちが、スリッポンの素材となる編み込みを作っています。
生産会社Habiのストーリー
生産会社Habiのストーリー
生産会社Habiのストーリー
生産会社Habiのストーリー
このスリッポンの素材である編み込みは、フィリピンの首都マニラの近く、パヤタスという町の中にあるコミュニティで作られています。
パヤタスはダンプサイト(ゴミ山)で有名になった場所ですが、もともとはマニラ首都圏のスラム街で暮らしていた人たちが、政府の再開発事業のために住む場所を追われ、その再定住地となった場所です。そのような背景もあり、以前町には仕事が無い状態でした。
そのような状況を憂いた一部の住人たちが、地域の自立を願い、自らの手で産業を作りたいと立ち上がりました。その一人であった、編み込みの素材を使ったプロダクトを作っていたVirgilioさんが、HabiのJanineと出会ったことによりこのスリッポンが生まれました。Habiではスリッポンの素材となる編み込みをコミュニティから直接購入し、その結果、このスリッポンの素材を作るコミュニティの人たちは、以前と比べてより多くの収入を得られることになりました。

Habiのパートナー、Virgilioさんは言います。「もっとこのコミュニティを大きくしたい。そして、他のライバルのコミュニティに負けないような素晴らしい商品を作っていきたい。」