マイカート

閉じる
世界をちょっと良くするお買い物。

私たちが目指す世界

このページでは、ワールドブリッジトレードクラブとは何なのか、そして私たちが目指す世界はどんなものなのか、皆さんにお伝えしたいと思います。


ワールドブリッジトレードクラブとは 

ワールドブリッジトレードクラブは、「生まれた環境に関わらず誰もが自立して生きられる世界を作る」プロジェクト、ワールドブリッジクラブが運営するECサイトで、アジア各地のエシカル商品を販売しています。



なぜワールドブリッジクラブのプロジェクトが生まれたのか

ワールドブリッジクラブは代表である河島善彦のある想いから生まれました。
日本人の父親、フィリピン人の母親から生まれた河島は、幼いころから両親と一緒によくフィリピンを訪れていました。その時から、日本で暮らす自分の環境との違いに衝撃を受けていました。
「生まれた場所が違うだけで、何でこんなにも違うのだろうか?」
その後大人になり社会で働くことになりますが、その思いは消えることなく残り続け、遂に消防士の仕事を辞め、「生まれた環境に関わらず誰もが自立して生きられる世界を作る」ワールドブリッジクラブを立ち上げることになります。


写真左下:初めて作ったコースターの出来を褒められて浮かれる代表

なぜECサイト(ワールドブリッジトレードクラブ)を運営するのか

それを語る前に、まずは「生まれた環境に関わらず誰もが自立して生きられる世界」とはどういものか具体的に考えてみたいと思います。

生まれた環境に関わらず誰もが自立して生きられる世界

経済的に自立している

貧困層に生まれた人と、富裕層に生まれた人がビジネスの場で対等に勝負できる

そのためのアプローチの方法として「ビジネスを通して社会問題解決の支援をする」を掲げています

なぜか、それは対等な関係が大事だと考えるからです。
ビジネスの関係、それは支援をする側、支援をされる側といった一方向の関係ではなく、互いに対等な関係です。そしてその関係こそが自立につながるものだと考えています。



なぜフェアトレード商品だけではなく、他のエシカルな商品も扱うのか。

どんなフェアトレード商品があるか情報を集めていると、自然と他のエシカルな商品の情報も入っています。そこで考えました。こんなにも素晴らしい商品があるのに、フェアトレード商品じゃないからと手を出さないのはもったいない。ビジョンの妨げにならないのならば、一緒に扱った方が良い。そのように考え、フェアトレード商品だけではない、他の社会問題解決に繋がるエシカルな商品も扱うようになりました。



今やっていることがどのように未来に繋がっていくのか

「生まれた環境に関わらず誰もが自立して生きられる世界を作る」には、2つの場所に対するアプローチが必要だと考えています。都会とそれ以外の地域。
都会には仕事が、それ以外の場所では産業が必要です。

ワールドブリッジトレードクラブでのエシカル商品の販売は、主に都会以外の地域をターゲットにしています。

産業を基にした経済的自立までには3段階あると考えています。

1、すでに商品はあるが販売に苦労している
2、商品を作ることはできるが魅力的な商品を作れない
3、商品を作れない

1→日本で販売し、販売機会を広げる
2→マーケティング支援をし、魅力的な商品を作れるようする
3→商品開発のスキルを育てる



目指すゴールの先にあるもの

私たちのゴールは、多様なバックグランドを持った様々な人が、同じ舞台で勝負できる世界です。
その先にあるのは魅力的なものが溢れた面白い世界だと信じています。